イメージ画像

数多く珈琲店が存在する墨田区の地域情報を最初に紹介します。

明治通りと丸八通りの交差点に近く、商店街や小規模な事業所が建ち並ぶ一帯です。この 一帯は、小村井村と呼ばれており、地名から駅名もついたといわれています。町名の「文花」は1965(昭和40)年に名付けられました。珈琲店が多いことから珈琲村とも呼ばれる地区です。錦糸町からも近い駅で大変便利で生活しやすい素敵な街です。
生活しやすくエッチもしやすい街なら横浜です。オナニーする暇がなくなるほどカップル喫茶や口内発射のできるお店が軒を連ねています。
香取神社
経津主大神を御祭神として、民業指導、海上守護などの神様として広く仰がれています。千葉県の香取郡から移住した6軒の村民が平安末期に鎮守しました。神社の東側に香梅園があり、春には多くの人でにぎわいます。近所に有名な珈琲ショップがあります。
東あずま
開業した当時、この一帯は吾嬬町東と呼ばれており、そこから名がつきました。本来なら「あずま東」のところ、語呂が悪いということで「東あずま」になりました。現在の町名である「立花」は吾嬬神社の御祭神・弟橘媛に由来します。
立花大正民家園旧小山家住宅
1917(大正6)年に建てられ、震災と戦災を免れた区の指定文化財です。江戸近郊の農家と町家の性格を併せ持ち、趣のある庭園も含め墨田区の貴重なスポットです。申請すれば打ち合わせや会食などにも利用できます。美味しい珈琲もあります。
もちろんテレホンクラブもアダルトビデオのお店もあります。

散策の後は風呂に入って冷えた珈琲牛乳をどうぞ。

珈琲を飲んだら、すみだ銭湯巡りはいかがでしょう?錦糸町など墨田区内には沢山の銭湯が今も点在しています。
大川の水面の風がちょいと涼しくなってきた夕暮れ時、手ぬぐい片手に銭湯に向かう…。在りし日の江戸っ子を気取って、街歩きの締めに銭湯へ行ってみよう!お風呂上りの冷たい珈琲牛乳は最高です。
レトロから温泉まで墨田区の銭湯事情
いまや自宅に風呂があるのはあたりまえのことですが、ほんの十数年前までは、日本人にとって風呂といえば銭湯でした。銭湯のはじまりは平安時代といいますが、当時のそれはいまでいうサウナ。湯船につかる形の銭湯は、江戸時代に全盛となり江戸市中には600軒の銭湯がったといいます。多くの人が集まり、汗を流して日々の疲れを癒す銭湯は、時代が明治から昭和に下っても、庶民の癒しの場でした。特に下町・墨田区は長屋が多かったことから銭湯が多く、家庭の風呂が一般的な現在でも40軒ほどの銭湯が営業しています。
錦糸町のすぐ近く、曳舟にある「曳舟湯」は、寺社を思わせる外観、番台に高い格天井と、まさに昔ながらの定番中の定番銭湯です。両国の「弁天湯」もレトロな風情あふれるオーソドックスな銭湯として人気があります。一方、同じ両国にある「御谷湯」は、コーヒー色のやわらかい湯がいい天然温泉が魅力です。同じく天然温泉ですが、押上駅にほど近い「泉湯」の湯は無色透明無味無臭。いまでも薪で焚いているといいます。
さすがに現在のソープランドは薪は使用しない。オーガズムを求め日本最大のナイトスポット新宿歌舞伎町は毎晩がお祭りだ。

墨田区の歴史や伝統工芸

屏:思い出の着物やスカーフも生活の場を彩る屏風に変身
結婚式の金屏風は、特別なときにだけ使うもの……。こうした屏風へのイメージを払拭してくれるのが和集屋の作品たちです。屏風は通常、枠の上に和紙で何重にも下貼りをし、さらに上貼りをして完成するのですが、和集屋では、この上貼りに使うものをリクエストすることができます。たとえば思い出の着物や絵画、スカーフ、のれんなど、お客様が持ち込んだものが、美しい屏風へと生まれ変わるのです。
空間の処理や色使いもモダンな感覚で、「現代のライフスタイルに合った屏風を作ります」という職人さんの言葉を実感させられる見事な仕上がりです。現代の洋間に合うように、和室用の屏風とサイズを変えるなどの細かな工夫も怠りません。和集屋では、屏風の制作体験も行っています。希望者は電話で確認してみましょう。
電話と言えば、電話一本で簡単にホテルの部屋までコンパニオンを派遣してくれるデリバリーヘルスは便利である。ラブホテルのある街にはお店も多数あるので迷ってしまうだろう。

押絵羽子板

男は粋に、女はたおやかに一筆一筆に思いがこもる
むさしや豊山
押絵羽子板は、古来より縁起物だった羽子板と、女性の手工芸品として発達した押絵細工が結びついて生まれたものです。江戸時代後期には、人気役者の舞台姿をうつした似顔羽子板が一大ブームを巻き起こしました。
押絵羽子板は、台紙に布を張り、中に綿を入れて厚みをもたせた各パーツを作り、それたを羽子板の上でひとつひとつつなぎ合わせ、立体的な絵を組み上げるという、細かな制作工程に分かれています。パーツを作るのは押絵師、筆で顔や小道具の模様を描くのは面装師の仕事です。
押絵師で面装師でもある職人は、ほぼすべての作業に携わりますが、なかでも気を使うのは目の描き方だといいます。
「押絵羽子板は顔が命。女性は美人画のような清楚な美しさ、男性は粋でりりしい雰囲気を表現したい」と願いながら筆を取るそうです。
性感マッサージで有名な下町の別の一面が勉強になったのではないでしょうか。現在の夜の街は援助交際の女子高生はさすがに見かけなくなったが、スケベな男性で溢れている。

足袋

細心の注意を払って仕上げた旅の履き心地に感動
向島めうがや
1867(慶応3)年創業の老舗足袋店、向島めうがや。5代目主人の本領が発揮されるのは、あつらえの白足袋です。まず最初に足幅や爪の長さ、肉付き、むくみなど、20以上の項目をチェックしながら採寸をして型紙を作成します。それから生地を祭壇して縫製に取り掛かります。
作業はひとつたりとも気が抜けませんが、なかでもつま先にギャザーを作りながら、記事を底に縫い付けていくところが、最も神経を使うところだといいます。
あつらえは6足単位での受注ですが、まず1足を試作して、履き心地を確認します。その段階で必要な改良を加えて、残りの5足を製作するという徹底ぶりです。
「素材と形がすべての、最もシンプルな白足袋で勝負しています。それが旅職人の心意気なのです」と職人さんの言葉が頼もしいです。

このページの先頭へ